目次

着手金詐欺の返金方法を解説

 

実際には返金解決できないにもかかわらず、被害回復を謳って高額な着手金を詐取する着手金詐欺が横行しています。

 

そこでこの記事では、

 

  • 着手金詐欺とは
  • 実際に発生した着手金詐欺の事例
  • 弁護士になりすました詐欺の事例
  • 着手金詐欺の被害に遭った場合の相談先

 

について、詐欺返金110番が解説していきます。

 

返金をお考えの方へ

LINEでのご相談は、全国どこからでも24時間受け付けております。

些細なご不安でも構いませんので、お気軽にご相談ください。

※友達追加画面が表示されます。お客様情報はご相談案件でのみ使用させていただきます。

 

着手金詐欺とは

着手金詐欺とは

 

ロマンス詐欺や仮想通貨詐欺の被害に遭った場合、返金解決は難しいとされています。

 

ロマンス詐欺や仮想通貨詐欺は、海外口座や仮想通貨での送金が行われることが多いため、国内の銀行口座振り込みよりも流れが追いにくく、送金先の個人情報開示が困難だからです。

 

そんなロマンス・仮想通貨詐欺の返金を謳った着手金詐欺が横行しています。

 

ロマンス詐欺・仮想通貨詐欺被害での返金はほぼ不可能であるにもかかわらず、「ロマンス詐欺被害の返金ができる」とうたう広告や、探偵や返金センターを名乗って着手金をだまし取る目的の悪徳業者が存在しています。

 

また、高額な着手金を請求しながらも返金解決に至らない「弁護士による二次被害」も確認されています。

 

次項では、実際に発生した弁護士による着手金詐欺の事例をご紹介します。

 

 

弁護士による着手金詐欺の事例

弁護士による着手金詐欺の事例

 

2017年には、実際に弁護士が着手金を詐取した事例が発生しました。

 

東京弁護士会は2017年8月17日、投資詐欺事件の被害者から弁護士費用を集めながら、実際は被害回復のための訴訟を起こさずに騙し取った疑いがあると発表しました。

 

これまで全国で10人以上から苦情が寄せられており、被害額は100万円以上にのぼるとみられています。

 

同会によると、着手金詐欺を働いた弁護士は、2017年3月ごろから、過去に投資詐欺事件の被害に遭った被害者に対し、返金請求に向けた訴訟の依頼をするよう提案。

 

着手金として1人20~30万円を支払わせたとされています。

 

同弁護士は、過去に類似の事例で懲戒処分を受けた元弁護士から、事務所や事務員を引き継いでいたということです。

 

 

弁護士を装ったなりすまし詐欺の事例

弁護士を装ったなりすまし詐欺の事例

 

実在する弁護士になりすまし、詐欺被害者からお金を騙し取る詐欺被害をご紹介します。

 

 

実在の弁護士名を騙る人物が、過去の詐欺事件の被害者へ電話をかけ、被害金の回復が可能であるという嘘の話を持ち掛け、弁護士費用の名目でお金を騙し取る事例が発生しました。

 

これらの電話主は、相手を騙す手段として、実在する弁護士名や弁護士の登録番号を告げ、実在する弁護士であることを弁護士会に確認してみるよう促すという巧妙な手口を用いていたということです。

 

東京弁護士会は、このような連絡を受けた際は、弁護士会に登録されている当該弁護士の電話番号に電話をかけ、真偽を確かめるよう注意を促しています。

 

実在の弁護士名をかたる「なりすまし詐欺」にご注意ください
引用:東京弁護士会HP

 

 

着手金詐欺には要注意!

着手金詐欺には要注意!

 

ロマンス・仮想通貨など返金が困難な案件を返金できると謳って着手金を先払いで支払わせる悪質な詐欺まがいの弁護士事務所・探偵事務所・私設の返金相談所などが問題になっています。

 

そのため、ロマンス詐欺の返金や仮想通貨の返金を大々的に謳っている事務所は、危険な場合が多いかもしれません。

 

詐欺被害解決に向け、助けを求めた先でもさらに詐欺被害に遭ってしまうなんてことにならないよう、返金依頼を検討している際は、くれぐれもご注意ください。

 

先払いの着手金の支払いを請求された場合は、支払う前に、委任契約を結ぶ前に、速やかに当サイトまでご相談ください。

 

返金をお考えの方へ

LINEでのご相談は、全国どこからでも24時間受け付けております。

些細なご不安でも構いませんので、お気軽にご相談ください。

※友達追加画面が表示されます。お客様情報はご相談案件でのみ使用させていただきます。

着手金詐欺の返金の記事一覧
お探しの記事は見つかりませんでした。