目次

ロマンス詐欺の返金方法を詐欺返金110番が解説

 

ロマンス詐欺の返金方法について解説していきます。

 

ロマンス詐欺の被害は金銭面だけでなく、

 

  • 本気で好きになってしまった人が詐欺師だった
  • 大好きで結婚したいと思った人に裏切られた

 

など、心にも大きな傷を与える悪質な詐欺です。

 

このページをご覧になっている方の中には、ロマンス詐欺被害での返金方法を模索してる方もいらっしゃるかもしれません。

 

ロマンス詐欺被害の返金解決は、被害状況によって異なりますが、返金請求が困難になるケースが非常に多くなっています。

 

そこでこの記事では、ロマンス詐欺の手口や返金方法、見分け方などについて、詳しく解説していきます。

 

ロマンス詐欺の手口

 

ロマンス詐欺とは、恋人や結婚相手になったかのようにふるまい、金銭を送金させる特殊詐欺の一種です。

 

それでは、ロマンス詐欺の手口を解説していきます。

 

 

1.SNSなどからメッセージを送る

 

SNSなどからメッセージを送る

 

ロマンス詐欺師は、大手マッチングアプリや、FacebookやInstagramなどのSNSアカウントから、ターゲットとする異性にメッセージを送ります

 

また、言語学習アプリやペアーズ(Pairs)・Tinderなどでも、ロマンス詐欺師が紛れ込んでいるケースも確認されています。

 

その他にも、迷惑メールからターゲットを見つけるなど、あらゆる方法でロマンス詐欺を仕掛けようとしてきます。

 

身近なSNSや大手マッチングアプリなどでも被害が発生しやすいため、見知らぬ外国人からメッセージが届いたら注意が必要です。

 

 

2.恋愛感情を抱かせる

 

恋愛感情を抱かせる

 

ロマンス詐欺師がターゲットとやりとりを開始したら、LINEをはじめとする外部アプリへ誘導してきます。

 

そこから連絡を取り合い、愛の言葉を囁くなど積極的にアプローチをして、相手に恋愛感情を抱かせようとします。

 

 

3.金銭を要求する

 

金銭を要求する

 

ロマンス詐欺師は、ターゲットとなる相手とメッセージのやり取りを開始したら、積極的に求愛をしてきます。

 

ロマンス詐欺によくある手口は、結婚をほのめかすことです。

 

結婚を匂わせることで、金銭要求が容易になるからです。

 

やり取りを通じて仲を深めたと思っても、金銭を要求された時点でおかしいと思った方がよいでしょう。

 

⚠こんな言葉には要注意⚠
  • 二人の将来のため投資をしよう
  • 贈り物を送ったが税関で止められた
  • 身内もしくは自分が大きな病気にかかっている
  • 結婚資金を送金した。受け取るための手数料を支払ってほしい

 

また、最初は少額を要求してから、徐々に大金を要求するのも国際ロマンス詐欺の手口です。

 

相手を信頼させるため、一度は借りたお金を返すパターンもありますが、次に大金を要求してくる可能性は大いにありますので注意が必要です

 

 

4.指定の方法で送金させる

 

指定の方法で送金させる

 

ロマンス詐欺における送金方法は様々です。

 

ロマンス詐欺における送金方法
  • 仮想通貨で送金させる
  • 海外の口座へ送金させる
  • 日本の指定口座へ振り込みをさせる

     

    もちろん上記以外の方法で送金させることもあるので、注意が必要です。

     

     

    5.お金をだまし取った後は音信不通に

     

    ロマンス詐欺の結末は、音信不通になることです。

     

    ロマンス詐欺師はお金を奪い取った途端、SNSのブロックやアプリの退会をします。

     

    共通の知り合いなどもいないので、探し出すことは困難です。

     

     

    男女別で見るロマンス詐欺の被害事例

     

    ロマンス詐欺は、女性の被害が多いと思われる方も多いのではないでしょうか。

     

    実は、女性だけでなく男性の被害も増加傾向にあるのです。

     

    女性の被害者の場合、結婚するための渡航費や贈り物にかかる関税などの名目で金銭を要求されることが多い傾向にあります。

     

    男性の被害者の場合は、相手(詐欺師)に恋心を抱きつつギャンブルや投資を持ち掛けられると簡単にだまされてしまう傾向があるようです。

     

    そこで、男女別でみるロマンス詐欺の被害事例をご紹介します。

     

     

    男性のロマンス詐欺被害事例

     

    ロマンス詐欺の被害に遭い、数千万円を騙し取られてしまった男性Aさんの事例をご紹介します。

     

    Aさんは、マッチングアプリを通じてジェリーという女性と知り合いました。

     

    やり取りを進める中で、「あなたのことが好き」「将来2人で一緒に暮らしたいからオンラインカジノで儲けてそれを原資にしよう」と持ち掛けられ、ビットコインを送金するよう指示されました。

     

    ジェリーに恋愛感情を抱いたAさんは、指示通りにビットコインを送りました。

     

    ですが何度送金してもオンラインカジノで勝つことができず、気が付いたら貯金も底をつき、かなりの額を送金していました

     

    ジェリーは詐欺師かもしれない……。と怪しんでいた時に、オンラインカジノのプロフェッショナルであるというナンシーが登場。

     

    「ナンシーの言う通りにすれば勝つことができる」というジェリーの言葉を信じ、最後の賭けだと思い消費者金融にお金を借り、送金。

     

    それでも勝つことはできず、ジェリーにもナンシーにも会うことができないことから、騙されたことに気が付き、問い詰めたら音信不通になってしまったといいます。

     

    騙されたことに気が付いたときはすでに、数千万円もの金額をビットコインで送金していました。

     

    各所に相談するも、ビットコインでの送金は法定通貨の振込よりも流れが追いにくく、送金先の個人情報開示が困難なため返金請求は難しいと断られてしまい、結局泣き寝入りになってしまったといいます。

     

    ここでやめるのはもったいない、もしかしたら一発逆転があるかもしれないなどの男性心理を利用した、悪質なロマンス詐欺の手口でした。

     

     

    女性のロマンス詐欺被害事例

     

    ロマンス詐欺の被害に遭い、数百万円を騙し取られたB子さんの事例をご紹介します。

     

    B子さんは、マッチングアプリを通じてジャックという男性と知り合いました。

     

    連絡を取り合ってからすぐにジャックから「あなたに恋をしてしまった」「これは運命かもしれない」と甘い言葉をささやかれるようになりました。

     

    ジャックからの積極的なアプローチで、B子さんは恋愛感情を抱いてしまいました。

     

    ジャックから「結婚したい。婚約指輪を送ったから受け取ってほしい」と言われた後、「婚約指輪が関税に止められてしまった。僕は今出張でトルコにいて支払いができない。必ず返すから立て替えてほしい」と言われ7000ドル(約95万円)を支払いました。

     

    その後も、日本で暮らすための資金を貸してほしいなどと言われて、支払いを繰り返すうちに気付けば数百万円にのぼる金額を送金してしまったとのことです。

     

    おかしいと思いジャックを問い詰めたところ、連絡が取れなくなり、被害に気が付いたそうです。

     

    B子さんは金銭を失ったショック以上に、好きな人に騙されていたという大きな心の傷を抱えてしまったといいます。

     

    好きな人が困っているから助けてあげたいという心理を悪用した、悪質なロマンス詐欺の手口でした。

     

     

    ロマンス詐欺師の特徴

     

    ロマンス詐欺師は、ルックスが良く高収入など、華やかなプロフィールであることが特徴です。

     

    ロマンス詐欺師の特徴
    1. 好感度の高いルックスの男性、美人またはプロマイドのような写真
    2. 人種は白人を装っていることが多い(近年アジア人も増加傾向に)
    3. 居住地はアメリカやイギリスなどの欧米、アジア圏であることも
    4. 職業は男性なら医師や弁護士、軍人やパイロット、会社経営者や投資家など。女性ならモデルやヨガインストラクター、在宅の投資家など。
    5. 複数の国をまたいだ生活、派手な生活
    6. 年収数千万以上

     

    ロマンス詐欺といえば、白人になりすますケースが多かったのですが、近年ではアジア人になりすますケースがかなり増加しています。

     

    日本で高まる韓国ブームにあやかり韓国人を装い金銭をだまし取るケースや、富裕層が多くビットコインの利用が一般的なシンガポール人を装い仮想通貨をだまし取るケースなど、手口は多様化してきています。

     

    完璧すぎるプロフィールの外国人がいたら、詐欺師かもしれないと思った方が良いかもしれません。

     

     

    ロマンス詐欺師の見分け方

     

    ロマンス詐欺師の目的は、ターゲットに恋心を抱かせて金銭を騙し取ることです。

    ロマンス詐欺師に騙されないためには、見分け方を知っておくことが大切です。

     

    そこで、ロマンス詐欺師の見分け方をご紹介します。

     

    ロマンス詐欺師の見分け方

     

    知り合ってすぐに求愛してくる

     

    詐欺師はできるだけ早くお金をだまし取りたいため、知り合ってすぐに関係を進展させようとします

     

    返事が早くてマメだったり、甘い言葉を囁かれたりすると、本物の恋愛だと感じてしまう気持ちも理解できます。

     

    ですが、ロマンス詐欺に限らず相手のことを良く知らないうちに、結婚やお金を要求する人物は、詐欺師を疑った方がよいかもしれません。

     

     

    会うことができない

     

    ロマンス詐欺では、架空の人物になりきっているため、実際に会うことはできません。

     

    会う約束をしていたとしても、当日に仕事や急用を理由にキャンセルすることは、ロマンス詐欺師の常套手段です。

     

    電話やビデオ通話もできない傾向にあったのですが、近年ではディープフェイクというAI技術を使った、合成動画によるビデオ通話を用いるケースが増えてきたようです。

     

    そのため、ビデオ通話をしたことがあるからと油断してはいけません。

     

    実際には存在しない人物の可能性も十分あるので注意が必要です。

     

     

    トラブルや病気などを理由にお金を要求される

     

    ロマンス詐欺師最大の目的は、金銭をだまし取ることです。

     

    不幸話で同情を誘ったり、トラブルなどを理由に金銭援助を依頼したりなど、お金を騙し取るための手口は様々です。

     

    そもそも、会ったことがない、会うことができないにもかかわらず、恋人・婚約関係になること自体が不自然です。

     

    お金を要求された場合は、間違いなくロマンス詐欺だと考えられるので、騙されないようくれぐれもご注意ください。

     

    他にも、ロマンス詐欺を写真で見分ける方法があります。

     

    こちらの【ロマンス詐欺】写真での見分け方と画像検索手順を徹底解説!記事で詳しくご紹介していますので、あわせてご参照ください。

     

     

     

    ロマンス詐欺の返金方法

     

    ロマンス詐欺被害の返金解決は、被害状況によって異なりますが、返金請求が困難になるケースが非常に多くなっています。

     

    なぜなら、国内での詐欺被害であっても詐欺師や詐欺業者の特定が困難なケースもあるため、外国となるとなおさら特定が困難になるからです。

     

    また、ロマンス詐欺では仮想通貨や海外口座へ送金が行われることもあります。

     

    仮想通貨や海外口座を通じての送金は、国内の銀行口座振り込みよりも流れが追いにくく、送金先の個人情報開示が困難だからです。

     

    好きな人を助けたいという気持ちも理解できますが、一度送金してしまうと大切なお金は二度と戻ってこないかもしれません。

     

    被害を未然に防ぐためにも、送金する前に勇気を出して家族や友人に相談することをおすすめします。

     

     

    ロマンス詐欺被害に遭った際の相談先

     

    先ほども申し上げた通り、ロマンス詐欺被害では返金請求が困難になるケースが非常に多くなっています。

     

    被害に遭ってしまった場合どうしたらいいのか不安になりますよね。

     

    そこで、被害に遭ってしまった場合の相談先についてお伝えします。

     

     

    警察は返金可能?

     

    被害に遭った場合、警察に被害届を提出するという手段があります。

    ですが、証拠が少ないケースが多いため、被害届が受理されない可能性もあります。

     

    また、警察には「民事不介入の原則」があるため、返金のために警察が動くことができないのです。

     

    あくまで警察が捜査する目的は犯人逮捕。

     

    万が一検挙された場合でも、その詐欺師に賠償能力がなければ返金は事実上困難です。

     

    ロマンス詐欺の逮捕事例をご覧になりたい方は、こちらの記事をご参照ください。

     

    【ロマンス詐欺】警察の逮捕事例「ナイジェリア国籍の男2人逮捕」

    【ロマンス詐欺】警察の逮捕事例「ナイジェリア国籍の男2人逮捕」

     

     

    国民生活センターに相談

     

    被害に気が付いた、被害に遭ったかもしれない、と思った場合にはまず国民生活センターへ相談しましょう。

     

    国民生活センター連絡先

    03-3446-1623平日:10~12時、13~16時)

     

    国民生活センターに相談することで返金解決はしませんが、今後の対応や適切な対応についてアドバイスをもらえるかもしれません。

     

    まずは国民生活センターへ連絡してみるとよいでしょう。

     

     

    ロマンス詐欺の返金詐欺(着手金詐欺)

     

    ロマンス詐欺の返金を謳った着手金詐欺が横行しています。

     

    ロマンス詐欺被害での返金はほぼ不可能であるにもかかわらず「ロマンス詐欺被害の返金ができる」とうたう広告や、探偵や返金センターを名乗って着手金をだまし取る目的の悪徳業者が存在しているのです。

     

    また、高額な着手金を請求しながらも返金解決に至らない「弁護士による二次被害」も報告されています。

     

    詐欺被害解決に向け、助けを求めた先でもさらに詐欺被害に遭ってしまうなんてことにならないよう、ロマンス詐欺被害の返金での相談・依頼を検討している際は十分注意してください。

     

     

    返金が困難なロマンス詐欺には要注意!

     

    ロマンス詐欺は、恋心を利用した悪質な詐欺です。

     

    被害者は金銭面だけでなく、「大好きな人に裏切られた」という大きな心の傷まで抱えることになります。

     

    そんな被害者の方の気持ちを思うと、返金解決の可能性があればよいのですが、返金が困難なケースが多いというなんとも心苦しい詐欺被害なのです。

     

    また、被害者に追い打ちをかけるように、返金解決できないにもかかわらず返金できるとうたった悪徳業者や、高額な着手金をだまし取る弁護士による二次被害が存在しています。

     

    当サイトとしての願いは、ロマンス詐欺の被害に遭う方が一人でも多く減ることです。

     

    この記事を通して、今被害に遭っている方がこれ以上被害を大きくしないこと、一人でも多くの方が踏みとどまることができることを、願っております。

     

     

    ロマンス詐欺の返金の記事一覧
    【弁護士の懲戒処分事例】ロマンス詐欺の被害回復をめぐり誇大広告
    マッチングアプリ詐欺の見分け方は?手口や相談先を徹底解説
    結婚詐欺とは?手口や見分け方を徹底解説!
    【ロマンス詐欺】写真での見分け方と画像検索手順を徹底解説!