目次

情報商材詐欺の返金方法を解説

 

情報商材詐欺の返金方法について、詐欺返金110番が解説していきます。

 

副業が社会的に注目を集めている中、SNSなどで「必ず儲かる」「誰でも簡単に高収入」などと謳った情報商材詐欺の被害が後を絶ちません。

 

世の中には情報商材詐欺に関する数多くの返金成功事例があります。

 

情報商材詐欺の相談料は無料なので、まずはお気軽にご相談ください。

 

返金をお考えの方へ

LINEでのご相談は、全国どこからでも24時間受け付けております。

些細なご不安でも構いませんので、お気軽にご相談ください。

※友達追加画面が表示されます。お客様情報はご相談案件でのみ使用させていただきます。

情報商材詐欺とは

情報商材詐欺とは

情報商材詐欺とは、中身のない商材を高額で販売し、お金を騙し取る詐欺手口のことです。

 

国民生活センターの資料によると、情報商材詐欺の被害件数は減少傾向にあるものの、10~20代の被害件数は急増していることがわかりました。

 

年度別にみた情報商材の相談件数

引用:国民生活センター「若者向け注意喚起シリーズ」

 

国を挙げて副業を推進する流れもあり、若者の間でも副業への関心が高まっていることが、被害増加の原因のひとつとして考えられます。

 

そのため、今後も若者を中心に、情報商材詐欺の被害が増加することが予想されているため、ますます注意が必要です。

 

 

情報商材詐欺の種類とは

情報商材詐欺の種類とは

情報商材詐欺には、どのような種類があるのでしょうか。

 

そこで、情報商材詐欺で良くみられるものをご紹介します。

 

副業関連の情報商材詐欺

 

副業関連の情報商材詐欺

 

副業関連の情報商材詐欺では、「すぐに稼げる副業マニュアル」などと謳った情報商材を販売します。

 

副業に関する情報商材を購入後、副業を開始するための初期費用やコンサルティング料を騙し取られるケースも確認されていますので、くれぐれもご注意ください。

 

副業詐欺については、こちらの記事で詳しく解説していますので、あわせてご参照ください。

副業詐欺の手口・返金方法

 

 

投資関連の情報商材詐欺

 

投資関連の情報商材詐欺

 

投資関連の情報商材詐欺では、投資・資産運用でお金を稼ぐ方法を高額で販売します。

 

自動売買ツールや、分析ツールなどを高額で販売し、お金を騙し取るケースが確認されています。

 

投資詐欺については、こちらの記事で詳しく解説していますので、あわせてご参照ください。

投資詐欺の手口・返金方法

 

 

ギャンブル関連の情報商材詐欺

 

ギャンブル関連の情報商材詐欺

 

ギャンブル関連の情報商材詐欺では、ギャンブル必勝法を謳った商材を販売しています。

 

競馬をはじめとする公営ギャンブルの予想情報を高額で販売し、お金を騙し取るケースが確認されていますので、十分ご注意ください。

 

競馬予想詐欺については、こちらの記事で詳しく解説していますので、あわせてご参照ください。

競馬予想詐欺の手口・返金方法

 

また、パチンコやスロット、オンラインカジノ必勝法を高額で販売し、お金を騙し取るケースも確認されていますので、あわせてご注意ください。

ギャンブル詐欺の手口・返金方法

オンラインカジノ詐欺の手口・返金方法

 

 

情報商材詐欺の手口

情報商材詐欺の手口

ではいったい、情報商材詐欺ではどのようにしてお金を騙し取っているのでしょうか。

 

情報商材詐欺の手口を解説します。

 

  1. 少額の情報商材を購入させる
  2. 電話で高額サポートに加入させる

 

【STEP1】少額の情報商材を購入させる

 

【STEP1】少額の情報商材を購入させる

 

「無料なら試してみよう」という人間の心理を悪用し、無料登録後に少額の情報商材の販売を持ち掛けます。

 

集客方法は、SNSのアカウントやLINEグループ、広告など様々です。

 

 

【STEP2】電話で高額サポートに加入させる

 

【STEP2】電話で高額サポートに加入させる

 

購入した情報商材には具体的なマニュアルは記載されておらず、詳しい説明を受けるためには電話予約が必要であると紹介されます。

 

電話説明を受けると、担当者から数十万円~数百万円の有料サポートを紹介されます。

 

サポート料金が高くなるほど利益も見込めると説明されるため、高額なコースに加入してしまう方も少なくありません。

 

また電話による説明は、断りにくい、強引に契約させられるといった状況になりやすい傾向にありますので、電話での勧誘には十分ご注意ください。

 

 

情報商材詐欺の見分け方3選

情報商材詐欺の見分け方3選

情報商材の購入を検討している方にとって、詐欺被害に遭わないための対策を知りたいですよね。

 

そこで、情報商材詐欺の見分け方を3つご紹介します。

 

過剰な文言を謳ってないか確認する

「必ず」「誰でも」「簡単に」「高収入」など、過剰な宣伝文句を使っている場合は、詐欺であると考えられます。

 

メリットを誇張して表現する手法は、詐欺師の常套手段です。

 

こういった表現にはくれぐれもご注意ください。

 

 

初期費用の有無を確認する

情報商材詐欺は、様々な手口でお金を騙し取ろうとします。

 

副業を始める前の段階で高額な初期費用が必要な場合には、詐欺であると考えられます。

 

情報商材を用いて副業を始める際は、必ず初期費用の確認をするようにしてください。

 

 

特商法ページを確認する

詐欺目的で情報商材を販売しているwebサイトには、特定商取引法に基づくページがないケースが数多く確認されています。

 

情報商材を購入する前は、必ず特商法ページの確認をするようにしてください。

 

ページがない、または見つけにくい場合は、詐欺の可能性が高いため、くれぐれもご注意ください。

 

 

情報商材はクーリングオフできる?

情報商材はクーリングオフできる?

 

ではここで、情報商材詐欺の被害に遭ってしまった場合、クーリングオフできるかどうかについて、解説していきます。

 

結論からお伝えしますと、情報商材詐欺行為を働く業者に対してクーリングオフを申し出ても、返金される可能性は非常に低いと考えられます。

 

なぜなら、相手は悪質な詐欺業者であるため、以下のような方法でクーリングオフ妨害を行ってくることが考えられるからです。

 

  • 規約にクーリングオフできないと記載している
  • 通信販売に該当するからクーリングオフは対象外
  • 副業は事業者同士の契約だからクーリングオフは対象外
  • クーリングオフする場合は違約金や損害賠償を請求する

 

もちろんこれらは、クーリングオフの制度上、認められない言い分です。

 

ですが相手は悪質な詐欺業者です。クーリングオフでの返金は、法律をもってしても、一筋縄ではいかないケースが多々あります。

 

自力で対応することも一つの方法ではありますが、業者側に言いくるめられる可能性が高く、返金成功の可能性が非常に低いことが考えられます。

 

そのため、情報商材詐欺の被害に遭ってしまった場合は、返金をより確実なものにするために、弁護士を通じて返金請求を行うことをおすすめしております。

 

 

クーリングオフについては、こちらの記事で詳しく解説していますので、あわせてご参照ください。

クーリングオフについて

 

 

 

支払い方法別の返金対応

支払い方法別の返金対応

 

悪質な情報商材詐欺業者はお金を支払わせる際、様々な支払い方法を指定してきます。

 

各種決済種別ごとに返金方法は異なりますが、法律に基づいた手法で確かな手順を踏むことで返金解決の可能性があります。

 

銀行振込

 

弁護士や警察は振込先の口座情報から情報商材詐欺を働く詐欺業者の銀行口座を凍結することができます。

 

クレジットカード

 

弁護士は詐欺業者への支払いに使われたクレジットカード会社に交渉することができ、情報商材詐欺に支払ってしまった金額のクレジット請求を止めるなどの対応を弁護士に依頼することもできます。

 

コンビニ決済(電子マネー)

近年増えている情報商材詐欺被害のひとつとして、コンビニで購入できる電子マネーなどで料金を支払わせるケースが増えています。

 

電子マネーの購入履歴や支払い履歴となる証拠があれば、的確な手順を踏むことで返金を行うことが可能です。

 

詐欺師は他にも色々な決済方法を指定してくることがありますが、上記以外の決済方法で支払ってしまった場合にも返金可能なケースがありますので、お気軽に当サイトにご相談ください。

 

 

情報商材詐欺の相談から返金解決までの流れ

情報商材詐欺の相談から返金解決までの流れ

情報商材詐欺の被害に遭ってしまった場合に、当サイトへのご相談から返金解決までの流れを説明します。

 

詐欺返金110番の強み
  • 情報商材詐欺の無料相談が可能
  • 情報商材詐欺の被害回復方法を探ります

 

返金の相談

 

ここでは、情報商材詐欺の返金請求に強い弁護士事務所に返金の依頼をした場合の流れをご説明します。

 

  • 騙されたかもわからない
  • 数年前の出来事なんだけど…

 

など、どんなケースでも、情報商材詐欺についてご不安になった場合に弁護士に相談してみるのもよいでしょう。

 

弁護士は被害内容のヒアリングを行い、被害状況を把握し、返金請求が可能かどうかなどを考えてくれます。

 

 

弁護士への委任契約

 

弁護士はヒアリングした内容をもとに、詐欺業者の会社情報や関連会社、金銭のやりとりに使用された口座情報や決済情報などを徹底的に調べ、ご依頼が可能な場合には弁護士と依頼者の間で委任の契約が必要になります。

 

弁護士に委任する際に、弁護士事務所ごとに契約費用や弁護士報酬などが異なりますので、契約前にしっかりと費用について考えることが大切です。

 

 

弁護士による返金請求

 

弁護士に委任を行った場合、対象となる詐欺案件に対して弁護士が返金請求を開始します。

 

一般的には「内容証明郵便」を利用して損害賠償請求をすることが多いようです。

内容証明郵便自体は現金の支払いを請求する通知にすぎませんが、訴訟手続きを見越して行動しているという本気度を相手に伝えることができます

 

その他にも、詐欺に使われた銀行口座の開示請求、銀行国座の凍結、振り込め詐欺救済法に基づく分配金の申請など、弁護士は様々な手法・法律を駆使して詐欺業者からお金を取り戻すために動いてくれます。

 

 

詐欺業者と返金の交渉

 

弁護士が、詐欺業者へ直接返金交渉を行います。

 

返金請求を行う際、詐欺の事実を認めない業者も多くあるようですが、弁護士による粘り強い交渉の末、返金に成功した事例も世の中には数多くあることがわかります。

 

 

返金解決

 

弁護士と詐欺業者との交渉の結果、返金の承諾を取ると、「いつまでに、いくらの返金を行う」という内容が含む、法的な効力を有する書面で弁護士が詐欺業者に返金の確約を取ってくれます。

 

これが成立すると和解となり、騙し取られてしまったお金を詐欺業者から取り戻し、返金解決となります。

 

弁護士に返金請求を依頼した場合はこのような流れになります。

※案件内容や証拠の有無によって返金の成功結果は異なります。

 

 

お早めの返金請求が解決の鍵

お早めの返金請求が解決の鍵

悪質サイトの詐欺被害や損害に対する返金請求には、ケースによって異なりますが時効・期限がありますので、お早めの返金請求を行うことを推奨します

 

悪質な詐欺業者の中には、運営会社名やサイト名、振込先口座を定期的と変えながら運営が行われているものがあります。

 

このような行為を詐欺業者が行う理由は、運営会社を次々と変えていくことで、弁護士からの返金請求や警察からの追跡を逃れようとしているからです。

 

ターゲットからある程度のお金を騙し取ったら、その間に利用していた運営会社やサイトを閉鎖してしまい、「会社が存在しないから返金ができない」という体裁を取るなど、狡猾な逃げ道を用意していたりするのです。

 

そのため、詐欺被害に遭ってしまったら、できる限り早いうちに返金請求を行うことが、返金を成功させるために非常に重要となります。

 

お金を騙し取った詐欺業者を逃さないように、お早めに返金請求・被害回復に対して動くのが好ましいと言えるでしょう。

 

 

情報商材詐欺の被害に遭ったら相談を!

情報商材詐欺の被害に遭ったら相談を!

情報商材詐欺の被害に遭った!と気が付いたら、まずは一度、詐欺返金110番へご相談ください。

 

情報商材詐欺は、若い世代で被害が急増している詐欺手口です。

 

情報商材詐欺の被害に遭わないために、手口を事前に知っておくことが大切です。

 

詐欺被害に遭ってしまった方は、「騙された自分が悪い」「騙されたことを家族や友人に知られたくない」と、泣き寝入りされる方も多くいらっしゃいます。

 

ですが悪いのは利用者ではなく、悪質詐欺業者なのです。

 

私たちはそんな被害者の味方として、ご相談者様の守秘義務を尊守し、ご相談者様のプライバシーを守りながら無料のサポートを行います。

 

ご相談者様のお悩みに無料でご回答を行うことができますので、まずはお気軽にご相談ください。

 

【完全無料】詐欺被害の返金相談

詐欺返金110番では詐欺の被害内容・被害金の回復・返金請求に関するご相談を無料で承ります。

相談料・調査料は無料0円です。

ご相談者様の守秘義務を遵守致しますので、ご相談者様のプライバシーを守り、ご家族やご知人に知られることなく詐欺に関するご相談が可能です。

詐欺被害から身を守る方法や、悪質詐欺業者からお金を取り戻すための法律を基にした返金請求方法、各種相談窓口のご案内などを無料サポートでご案内致します。

 

📲LINEで相談する

[受付時間]24時間
⇒今すぐLINEで返金相談
詐欺返金110番の公式LINEアカウントを友だち追加すると無料相談フォームが届きます。

📧メールで相談する

[受付時間]24時間対応
下記のメール相談フォームより可能です。


 

[メール返金相談フォーム]
必要事項をご入力してご送信ください

    全項目を入力後に送信ボタンをクリックすると
    無料メール相談が可能です。

    ※守秘義務によりご相談者様のプライバシーは保護されます。
    ※ご安心してご利用くださいませ。


     

     

    情報商材詐欺の返金の記事一覧
    FXの情報商材は詐欺ばかり?返金できる?手口や対策を解説
    「アフィリエイトで稼げる」と謳う情報商材詐欺には要注意!
    せどりに関する情報商材詐欺には要注意!巧妙な手口と見分け方を解説
    副業詐欺はクーリングオフできる?騙し取られたお金の返金方法を解説