Wisdom Tree(ウィズダムツリー)投資詐欺は返金できる?
 

目次

 

※この記事で記載しているWisdom Treeは、実在するWisdom Tree,Incではなく、Wisdom Treeを騙る詐欺業者のことを指します。

 

⚠Wisdom Treeは閉鎖しています⚠

現在、Wisdom Tree(ウィズダムツリー)のサイトは閉鎖されており、アクセスできなくなっています。

 

近年、アメリカのニューヨークに本社を構え、ニューヨーク証券取引所に上場している大手資産管理会社のWisdom Tree(ウィズダムツリー)の名を騙り、FXや仮想通貨への投資を勧誘し、お金を騙し取る詐欺の被害が急増しています。

 

「Wisdom Treeで投資をしだけどサイトが閉鎖してしまった」

「Wisdom Treeでお金を騙し取られた」

 

この記事をご覧の方の中には、Wisdom Tree(ウィズダムツリー)で騙し取られたお金の返金を望んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

 

当サイトにも、Wisdom Treeで詐欺の被害に遭ったというご相談が多数寄せられています。

Wisdom Treeのサイトは現在閉鎖されていますが、同様の手口で新たな詐欺が行われることが考えられます。

 

同じような詐欺の被害を防ぐため、この記事ではWisdom Tree投資詐欺の手口や返金方法について、解説します。

 

Wisdom Treeが詐欺であると断定できる理由

Wisdom Treeが詐欺であると断定できる理由

 

まずはじめに、実在するWisdom Treeについて解説します。

Wisdom Tree(ウィズダムツリー)の正式名称はWidom Tree,Incで、アメリカのニューヨークに本社を置き、上場投資信託(ETF)や上場投資商品(ETP)の販売をし、ニューヨーク証券取引所に上場している大手の資産管理会社です。

 

Wisdom Treeは2015年に日本市場に進出しましたが、2018年9月末をもって日本を撤退しました。

撤退の背景には、Wisdom Treeは日本国内の投資家にETFの長期保有を促したかった一方で、日本国内ではETFを短期売買するものだと捉える投資家が多く、同社の戦略と相いれなかったことが一因だったとされています。

 

投資戦略の違いから日本を撤退したにもかかわらず、Wisdom Treeを騙る投資詐欺では、2023年にWisdom Treeが日本進出をすると謳い、プレゼントキャンペーンやイベントを行い、勧誘をしていたことが確認されています。

 

ではここで、Wisdom Treeを騙る投資勧誘がなぜ詐欺であると考えられるかについて、解説します。

 

 

ドメイン情報が中国で登録されている

 

Wisdom TreeのサイトURLからドメイン情報を調査したところ、非常に気になる点が見つかりました。

それは、Wisdom Treeはアメリカを拠点とした会社かつ日本支社立ち上げを謳ったサイトであるにもかかわらず、Wisdom Treeのサイトが登録された国は中国・上海だったということです。

そのうえ、実在するWisdom Treeに中国支社は存在していません。

 

これらのことから、Wisdom Treeを騙る投資勧誘は、近年非常に問題になっている中国系の巨大詐欺グループによる詐欺である可能性が高いと考えられます。

 

 

Wisdom Treeは出金できない

 

Wisdom Treeが詐欺であると考えられる理由の一つに、出金ができないことがあげられます。

近年の投資詐欺では、「出金できない」ことから詐欺被害に気が付くケースが多く見られているからです。

 

投資を行っているサイト上では利益がでていると表示されているため、利益分を出金しようとすると、「マネーロンダリングの疑いで出金できない」「決済資金がないと追加入金を求められた」「決済不履行で高額な違約金を請求された」といった保証金や税金、違約金などの名目で追加入金を求められます。

 

Wisdom Tree投資詐欺では、出金しようとすると「マイニング手数料」や「消費税」などの名目で追加入金を求められたといいます。

 

しかし、Wisdom Tree投資詐欺では「最初の利益は出金できた」といった声も多くあったことから、出金できることで相手を信頼させた後に高額なお金を入金させ、お金を騙し取るという巧妙な手口が使われていたことが明らかになりました。

 

そのため、

  • 一度利益を出金できたからと言って高額入金しないこと
  • 出金するために手数料などを要求された場合にはそれ以上入金しないこと

以上のことを、十分ご留意ください。

 

 

振込先の名義が個人口座

 

投資を行う際、取引資金の振込先の口座が個人名義で遭った場合は詐欺であると考えられます。

 

真っ当な運営をしている業者であれば、振り込み先の名義は会社名であることがほとんとですが、詐欺業者は法人口座を開設することができないため、犯罪利用のために買い取られた口座を使用するケースが非常に多いからです。

また、外国人留学生が国へ帰る際、使わなくなった日本の銀行口座を犯罪組織に売ってしまうこともあるようです。

 

そもそも、ニューヨーク証券取引所に上場している大手の資産管理会社が個人名義の口座に振り込みをさせること自体が非常に不自然であるため、Wisdom Treeを騙る投資詐欺であると考えられます。

 

そのため、投資の取引資金を外国人名義の口座や個人名義の口座へ振り込むよう指定された場合は詐欺だと考えられるため、振り込まないようくれぐれもご注意ください。

 

 

Wisdom Treeは金融庁に登録されていない

 

日本居住者に向けて投資への勧誘や助言を行う場合には、金融商品取引法に基づき、金融庁への登録が必要です。

実在するWisdom Treeは、2018年9月末に日本を撤退したことから、2019年1月をもって金融商品取引業の廃止をしていますが、撤退以前はきちんと金融庁に登録を行っていました。

 

しかし、偽のWisdom Treeは金融庁へ登録を行わず、投資への勧誘や助言業等を行っています。

 

実在するWisdom Treeは、日本撤退前は金融庁に登録したうえで事業を行っていたにもかかわらず、再度日本進出する際になぜ金融庁に登録をせずに勧誘や助言を行っているのか説明がつきません。

そのため、金融庁へ無登録で金融商品取引業を行っているWisdom Treeは偽のWisdom Treeであり、詐欺業者であると考えられます。

 

無登録事業者による詐欺の被害が多発しているため、株やFX、仮想通貨などの投資を行う際は、金融庁に登録・認可された事業者か必ず確認するしてください。

 

 

Wisdom Tree投資詐欺の手口

Wisdom Tree投資詐欺の手口

 

Wisdom Treeを騙る投資詐欺では、いきなりLINEグループに招待されたり、SNSに掲載されている投資関連の広告にアクセスしたことがきっかけで、Wisdom Treeのアシスタントや投資のプロなどを騙る人物から投資へ勧誘され、お金を騙し取られるという被害が多発しています。

 

Wisdom Treeを騙る投資詐欺の被害に遭った方によりますと、Wisdom Treeのサイト上では多額の利益が出ているように表示されていますが、いざ利益分を出金しようとすると、「税金の支払い」や「マイニング手数料」などの名目でさらなる入金を求められ、いくら追加入金しても出金することはできなかったといいます。

 

では、Wisdom Tree投資詐欺は、どのような手口で勧誘を行っているのでしょうか。

Wisdom Tree投資詐欺で良くみられている手口をご紹介します。

 

 

1:SNS上の詐欺広告から集客する

 

近年、InstagramやFacebook上では、投資への勧誘を謳った詐欺広告が大量に掲載されています。

 

詐欺広告とは、実在する証券会社の名前やロゴ、実業家や経済学者、著名人などの名や画像を無断で使用した、詐欺グループによって配信されている投資関連の広告のことです。

 

Wisdom Tree投資詐欺では、東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大選手や政治家の舛添要一氏の画像や動画が無断使用されていることが確認されています。

また、田中将大選手においては、YouTube動画を悪用したディープフェイク映像が作成されており、非常に悪質な手口で勧誘が行われていたことが判明しています。

 

この事態を受け、楽天イーグルスの公式ホームページでは正式に否定、注意喚起を促しています。

 

投資勧誘を行うLINEグループにおいて、当球団に所属する田中将大選手の肖像・呼称が本人及び球団の許可なく、不正利用されている事実を確認いたしました。
田中将大選手の写真を本人及び球団の許可なく転載し、また、田中将大選手のYouTubeチャンネル「マー君チャンネル」の映像を字幕合成して不正利用している事実を確認しております。
田中将大選手ならびに当球団は、当該投資勧誘LINEグループとは一切関わりはなく、投資の勧誘やそのサポートをしている事実はございませんので、ご注意ください。

田中将大選手の写真を不正利用したLINEグループにご注意ください

 

 

投資関連の詐欺広告では、「実在する会社名を騙る」「著名人の画像を無断使用する」といった手口から、投資関連のYouTube動画などを無断盗用して広告を配信するなどといった手口が横行しており、詐欺広告から投資詐欺の被害に巻き込まれるという事例が相次いでいます。

 

投資に関する詐欺広告の共通点は、詐欺広告をクリックするとLINEアカウントの追加へと誘導されるという点です。

 

SNSやインターネット上に掲載されている投資関連の広告をクリックしたのち、LINEアカウントの追加へ誘導された場合は詐欺だと考えられるため、くれぐれもご注意ください。

 

詐欺広告については、こちらの記事で詳しく解説していますので、あわせてご参照ください。

 

 

2:LINEの友だち追加へ誘導される

 

詐欺広告へアクセスすると、LINEアカウントの友だち追加へと誘導されます。

その後Wisdom Treeの投資情報を交換する名目のLINEグループチャットへ招待されます。

 

LINEグループチャット内では、”投資の先生”と呼ばれる人物や、そのアシスタントを名乗る人物、サクラ会員ら多数用意されており、FXや仮想通貨で得た利益や、購入するべき仮想通貨の情報などが発信されており、Wisdom Treeで投資をすれば儲かると思わせるような誘導を行っています。

 

確認されているLINEの人物名

井上 雅樹
吉川 里奈
渡辺 信孝
高橋 佳奈
渡辺 浩司
関口 拓哉
三浦 麻衣

 

詐欺広告からアクセスする他にも、見知らぬ人物から突然、投資に関する勉強会を騙るLINEグループやオープンチャットに招待され、そこからWisdom Treeでの投資詐欺へ勧誘される事例も発生しています。

 

確認されているLINEグループ名

デイトレード必勝法VIP 188ー2
株投資セミナー-VIP678
優良投資交流グループvip135
優良投資交流グループVIP813

 

Wisdom Treeでの投資を勧誘するLINEグループは多数確認されており、全て違うグループ名で勧誘を行っていることが確認されています。

 

Wisdom TreeのLINEグループをはじめ、投資に関するLINEグループやオープンチャットはすべて詐欺であると考えられるため、情報を鵜呑みにしてお金を騙し取られないよう、くれぐれもご注意ください。

 

 

ウィズダムツリー投資詐欺の返金方法は?

ウィズダムツリー投資詐欺の返金方法は?

 

当サイトに、「Wisdom Tree(ウィズダムツリー)投資詐欺の返金はできるのでしょうか?」というご相談が多数寄せられています。

 

結論からお伝えしますと、ウィズダムツリー投資詐欺の返金は非常に困難であると考えられます。

なぜならWisdom Tree投資詐欺は、口座振り込みやカード決済によりお金を騙し取られる詐欺被害とは異なり、海外送金や仮想通貨を使って入金することが多く、お金の流れを追うことが非常に困難だからです。

 

Wisdom Tree投資詐欺について解説しているブログやサイトの中には、弁護士に相談すれば返金の可能性があると謳っているところもあります。

ですが、これらの業者の中には、「返金が難しい事案であるにもかかわらず、返金の可能性を謳い、着手金を騙し取る」悪質な業者も確認されています。

 

着手金とは、事件を依頼した段階で発生する費用であり、依頼者の希望が叶う・叶わないにかかわらず原則返金されません。

 

また、着手金の相場は、被害総額の5%程度で算出されるケースが多いです。

 

被害総額の5%だった場合
被害総額500万円     ⇒ 25万円の着手金
被害総額1000万円   ⇒ 50万円の着手金
被害総額3000万円   ⇒ 150万円の着手金
被害総額1億円         ⇒ 500万円の着手金

 

そのため、被害額が大きければ大きいほど、着手金も高額になります。

ただでさえ詐欺被害による経済的損失を被っている依頼者にとって、高額な着手金が金銭的な二次被害となってしまいます。

 

弁護士や探偵事務所に返金相談をする際、着手金が発生する場合にはくれぐれもご注意ください。

 

 

Wisdom Tree投資詐欺には要注意!

Wisdom Tree投資詐欺には要注意!

 

この記事では、Wisdom Tree投資詐欺の手口や返金方法について解説しました。

 

当サイトでは、様々な詐欺被害のご相談を受け付けていますが、Wisdom Treeに非常によく似た手口の詐欺被害相談も増えています。

Wisdom Treeに非常によく似たARK Investの詐欺手口

 

ウィズダムツリー投資詐欺の特徴まとめ
  • ドメイン情報が中国で登録されている
  • Wisdom Treeは出金できない
  • 振込先の名義が個人口座
  • Wisdom Treeは金融庁に登録されていない
  • LINEグループに勝手に招待される
  • SNS上の投資関連の広告にアクセスしたことがきっかけでLINEアカウントの追加へ誘導される

 

 

Wisdom Tree投資詐欺をはじめ、様々な投資詐欺では莫大な金額を騙し取られてしまうことも多くあり、金額が増えれば増えるほど、詐欺であると思いたくないあまりに追加入金してしまい、被害額が膨れ上がってしまうという方もいらっしゃいます。

 

近年では、投資詐欺の手口が非常に巧妙化しているため、詐欺を見分けることが非常に難しくなってます。

そのため、著名人の写真が掲載された投資関連の広告、見知らぬ相手から招待されたLINEグループやオープンチャット、著名人の名を騙るLINEアカウントなどからの勧誘には、くれぐれもご注意ください。

 

また、「返金が難しい事案であるにもかかわらず、返金の可能性を謳い、着手金を騙し取る」悪質な業者も確認されています。

着手金による二次被害も、併せてご注意ください。

 

当サイトしての願いは、投資詐欺の被害に遭う方が一人でも多く減ることです。

この記事が、被害撲滅の一助になれば幸いです。

 

仮想通貨詐欺の手口はこちらの記事で詳しく解説していますので、あわせてご参照ください。

仮想通貨詐欺の手口

 

 

ブログランキングに参加中です!
クリックで応援お願いします!

ニュース全般ランキング

ニュース全般ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 


★当サイトに掲載されている情報の引用やリンクの掲載は、SNSをはじめ全ての媒体で自由に行っていただけます。★

詐欺被害の予防や被害者の支援のために、ぜひご活用いただけましたら幸いです。


 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事